アパート経営を始めるための手順

アパート経営をするときは、まず物件選びが大切になります。収益が確実に上がる物件を選ぶようにしなければなりません。収益を上げるためには、アパートのある場所にこだわるようにしましょう。交通の便の良い場所だったら、借り手は多くなります。駅からの距離が10分以内の場所が好ましいです。近くに駅がないときは、バス停があるところにしましょう。なるべき複数のバスの幹線が通っているところを選びましょう。そのアパートの収益性も注目します。表の利回りではなく、実質利回りを計算する必要があります。不動産屋が利回りのことを話したら、どちらの利回りを話しているか質問する必要があります。アパート経営をする時のごく初めの段階の手順はまず場所を決めて、その後に収益性を計算することです。

アパート経営の際の物件選びのコツ

アパート経営をするときは、物件を慎重に選ばなければなりません。交通の便が重要な要素になりますが、それ以外のことも気をつける必要があります。まず物件の外見に注目しましょう。できるだけ新しくて、きれいな外見を持った物件を選びましょう。借りる人の視点に立って、借りる人が住んでみたいと思う物件を探し出す必要があります。買い物や通学のことも考慮に入れる必要があります。歩いて買い物に行けるアパートだったら、生活が便利になるので、入居したいと思う人は多くなります。学生や子供がいる人だったら、学校の近くの部屋を借りようとするでしょう。それから病気になった時のことを考える人もいます。アパートの近くに病院があれば、安心して生活できます。交通の便と共に、入居者が暮らしやすい地域にある物件を選びましょう。

実質利回りを重視して物件を選ぶ

アパート経営を行う時は、利回りに注意する必要があります。利回りには3つの種類があります。表面利回り、実質利回り、想定利回りです。この中で表面利回りは、不動産屋の情報に書かれることが多いです。この利回りは、あくまで目安です。その物件を購入した時に得られる利益で、購入後もその利益を得られるとは、限りません。一般に10%程度だったら、アパート経営に必要な利益を得られます。表面利回りよりは、実質利回りの方が重要です。この利回りは、家賃収入の利益から、アパート経営をするために必要な利益を差し引いて得られる利益のことです。アパート経営をするときは、火災保険料や建物の維持費などいろいろな経費が必要になります。それを考慮しないと、経営はできません。想定利回りは、予想される家賃収入を建物の購入費で割ったものです。